FC2ブログ
秋のWeddingトップシーズン(9・10・11月)を控え、
お打合せ(フェアご参加)予約が、
大変取りずらい状況となっております。

平日のお打合せ予約には、まだ若干の余裕もございますが、
土日祝は、ご希望のお時間でのご予約が、
大変厳しくなってきておりますので、
お打合せをご希望の方は、お日にちに余裕を持ってご相談下さい。

併せて、Weddingのご成約も、かなり埋まり始めております。
一日にお受けできるWeddingのご依頼は、
数件に限られておりますため、
既に締切らせて頂いたお日にちもございます。

お悩み中の方は、挙式日&打合せ希望日の
空き状況だけでも、早めにお問い合わせ下さい。

20190819_001.jpg

スポンサーサイト
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活

ジューンブライドの花嫁様。

会場でのブーケのお打合せは済まされたものの、会場へブーケをご依頼される際は、
カタログからお好みのブーケをセレクトするか、予算をアップしてオーダーメイドをするか の2択。

ご自身でお花・色・形を楽しく相談しながら、ブーケを作り上げていきたいけど、
予算は出来る限り抑えたい・・・

でも、そこそこの予算を掛け、自分のためだけにブーケを用意する滅多にないこの機会に、
素敵なブーケがたくさん並んでいるとはいえ、カタログからセレクトするのみでは物足りない。

そんなご希望をお持ち頂く中。
kobushi no ki で3月にブーケを制作させて頂いたご新婦様から弊店の噂を耳に入れご来店下さいました。


ご利用頂いたのは、kobushi no ki で大人気の「お得なセットプラン」
http://www.kobushi-no-ki.com/wedding_plan.html


ドレスの色は、ブーケの色で悩み甲斐のあるスモーキグレー

大人っぽい色のドレスだから、シックにまとめたいけど華やかにもしたい
ピンク系が希望だけど、派手過ぎず、甘過ぎず、品良く、クラシカルに仕上げたい
といったようなご相談の中、店頭のシルクフラワー(造花)を手に取りながら
イメージを固めて行った結果

20190615_01.jpg

このように仕上がりました。

ローズピンク~ワインカラーのグラデーションに、
ローズ系の挿しの入った渋いベージュのお花をハイライト効果として加え、
動きを出すアクセントの葉は、ドレスの色とのリンクが感じられる
深みのあるグリーンの細葉ユーカリを使用してみました。

バラ、アジサイ、ラナンキュラス、クリスマスローズ・・・
お花も色合わせも、完全オリジナル!!
ドレスの胸元で輝くビジューも、心なしかローズカラーに光って見えます。



ご自身で、お花を手にしながら拘って作り上げたブーケ

制作工程もお楽しみ頂きながら、
仕上がりもご満足頂けたようで、

持込みならではの、ご新婦様へ寄り添ったお手伝いが出来、嬉しく思います。

挙式当日は、あいにくの雨となってしまいましたが、
野に咲くお花にとって、雨は「恵みの雨」
雨で潤いをもたらし、お二人の結婚生活に素敵なお花を咲かせて下さい♪

ブーケ制作。楽しかったです!
ありがとうございました。


6/15 グランドオリエンタルみなとみらい 様
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活

「石の教会」様でのWedding。

場所は、軽井沢と遠方なため生花よりもプリザーブドフラワーや
シルクフラワーでのご依頼が多い会場ではありますが
年に数回は、ブーケのご依頼を頂く、思い出深い会場です。

20190510_02.jpg

そして、今回は、シルクフラワーでの制作。
白(アイボリー)&グリーンをメインとし、2色の挿し色を使用させて頂きました。

挙式は、19時過ぎの夜間。
会場内にキャンドルを配した幻想的な空間でのセレモニーに合わせ
暖かな炎の色を思わせるサーモンピンクに
甘さを抑えるアンティークパープルを使用させて頂きました。

20190510_01.jpg

ヘアーは、最近人気の、ゆるふわアップ
バックの束ね位置にヘアードを並べて頂きました。

20190510_3.jpg

日中とは異なり、厳粛な雰囲気のナイトウェディング
厳かでシットリとした大人Weddingを思わせます。

20190510_4.jpg

Weddingの準備中は、ネットなどに掲載されている
先輩花嫁達のお写真等を参考にされたそうで、

これからご結婚される花嫁達の参考になればと
たくさんのお写真をご提供下さいました。

20190510_05.jpg

経験・改善を重ねる事が出来ないWeddingだからこそ、
SNS等を通じて、成功&失敗談を共有して頂ければと思っています。

20190510_6.jpg

最近は、ブログよりもインスタでの画像紹介が主流となってきてはいますが、
Weddingのこだわり裏情報等を一連の流れとして織り込みながら
ご紹介できるブログも、これまでどおり大切に続けていきたいと思ってます。

これからも、皆様からのお写真のご提供をお待ち致しております!!

優しいご新婦様!
お写真のご提供ありがとうございました!!
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
お写真は、桜咲く4月の上旬の前撮り時のものですが

平成最後の
昨日、4/30に挙式を挙げられたお二人よりお写真をお送り頂きました。

20190501_001.jpg

会場は、目黒雅叙園様。
館内は、和のテイストがそこかしこにあるため、
ドレスだけど、和の空間に馴染みやすい和花メインをご希望頂き、
2色のピンポンマムとスプレーマム、コデマリ、紫のデルフィニウムを
使用し、キャスケードブーケを制作させて頂きました。

20190501_002.jpg

けれど、3月末に仕入れた桜が店内でまだ綺麗に開花していて
お届けは、桜の名所でもある目黒川横の目黒雅叙園様。
これは・・・、桜を使わずにはいられない!!
ということで、最後にちょこっとトッピング。

20190501_003.jpg

シンプルだけど、全力オリジナルなブーケに仕上がりました♪

20190501_004.jpg

露出を抑えたドレスに、花冠風にパーツを並べたヘアドレス。
高身長で穏やかそうなご新郎様。

派手さを抑え、拘りを詰め込んだ、
スタイル・アイテム・演出・・・
いつの時代に見返しても、素敵だなぁー。と思える
美しいお写真だなと思いました。

20190501_005.jpg

ここ数年は、ご成約者様の多くは、
ご友人からの口コミや、ご近所にお住まい&勤務の方等
「kobushi no ki -こぶしの木-」を見知って、
来て下さる方が増えています。

今回のご新婦様も、以前
「kobushi no ki -こぶしの木-」の近所にお住まいで
何度かギフト利用を頂いた方でした。

ご縁あって知り合い、人生の節目のお花のご依頼を頂き、
改元の節目に挙式のお手伝いが出来た事。
心より嬉しく思っています。

ご満足頂いた結果のご紹介。
ご安心・ご信頼頂いてのご依頼。

令和の時代も、皆様にご満足頂けるお花をお届けできるよう
精一杯!頑張っていきたいと思います!!

View this post on Instagram

ドレスだけど和風のブーケ。和風の会場に合わせ和風にとのオーダーだったので、会場脇の目黒川の桜にちなんで、桜をトッピング。 #目黒雅叙園#目黒川の桜#キャスケードブーケ#桜ブーケ#和ブーケ #春ブーケ#持込み#持ち込みブーケ#bouquet#ブーケ#weddingbouquet #ウェディングブーケ#wedding#ウエディング#結婚式#プレ花嫁#日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい#全国のプレ花嫁さんと繋がりたい #桜#サクラ#お花見#関係者以外立ち入り禁止の裏導線はお花見の穴場 #花のあるくらし#花好きな人と繋がりたい #花写真#ザ花部 #フラワーショップ#花屋#kobushinoki#東京花屋

kobushinoki flowersさん(@kobushinoki)がシェアした投稿 -


テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
20190304_04.jpg


1/27 KKR様でのWedding

K_064.jpg

ご依頼頂いたのは、白&淡いピンクをベースとした
ティアドロップブーケです。

色やイメージ、形状・・・
ブーケを制作するにあたり、いろいろご相談をさせて頂く中で、
私が勝手に掲げた裏テーマは『ブーケ&ブートニアのセレモニー』

こちらは、プロポーズの際に、ご新郎様からご新婦様へ贈られた花束

K_06.jpg

こちらの色味を取り入れながら、ドレスにも馴染みやすい白や淡いピンクをメインに
制作をしたいとのご相談だったので

こんなにも「ブーケ&ブートニアの由来」に則したようなプロポーズの演出を
日をまたいではいるものの、完結させたいと思い、
プロポーズの再現アイテムとして大切に制作をさせて頂きました。

K_003.jpg

プロポーズの際に男性から送られた花束から一輪を抜き取り
男性の胸に挿すことでプロポーズをお受けする意味を持つ
ブートニア。

ブーケと共花でお作りしたブートニアを、お付け頂き、密かなセレモニーは、
無事に完結!

20190304_01.jpg

ご本人達も知らない、私の一人遊び的な裏テーマ。
どのWeddingでも、ブーケ&ブートニアは、必ず用意するモノではありますが、
何か、決然とした意味を持たせたかったというか・・・
「深イイ」ブーケにしたかったわけです!!


そして、たーくさん画像をご提供頂いたので、
これからご結婚される皆様へ、ぷちアドバイス的ご紹介!

K_646.jpg

ヘアードは、耳の上に着けると初々しく可愛い印象に

K_641.jpg

耳の下に着けると、しっとり落ち着いた印象になります。

K_540.jpg

メインテーブル(高砂)の新郎新婦は、常に注目の的
ゲストの皆さんが歓談&お食事中でも、気を抜けません!
オフショットを狙ったカメラは、いつでもあなたを見ています。

20190304_02.jpg

そして、私イチオシのお写真!
こちらは、ガーデンチャペルでのリハーサルショットです。
暖かい季節は、明るい日差しに心地よい風、新緑や開放的な空間が
心洗われる心地よいチャペルだけど、冬場は、寒いのでは・・・。

と、ちょっぴりネガティブなイメージも持っていましたが、
挙式本番や披露宴では着用していなかった
真っ白なボレロ!
リハーサルだからと、簡易的防寒着として自前のコートを肩に掛けたり・・・
なんて手抜きはせず用意された冬ならではの花嫁衣装が可愛くって、
思わずこちらの画像をおねだりしちゃいました♪

20190304_03.jpg

春は、花粉が・・・
夏は、猛暑で・・・
秋は、物悲しいし・・・
冬は、寒い・・・

ネガティブなイメージは、思考の転換やアイデアで
オリジナルな演出に変換してしまいましょう!!

今回、残念ながらお二人の顔出しはNGでしたが、
終始とっても優しく幸せそうな笑顔のお写真ばかりでした。

たくさんの素敵なお写真のご提供ありがとうございました。
末永くお幸せに・・・
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活