今日は、中目黒に明日(2/1)オープン予定の
「LIGOLETTO SHORT HILLS」さんへ、開店祝いの
お花をお届けしてきました。

中目黒駅から程近いながらも、静かな住宅街の
路地裏にある一軒家レストランです。

エントランス脇には、植栽を施した開放感のある
オープンテラスが付いていて・・・。
立地も内装も”大人の隠れ家”としては、
かなりイイ感じです。

結婚式2次会などにも対応しているようなので、
新しモン好きのカップルには、お薦めですよ

もちろん、会場の装花は、「kobushi no ki」
ご依頼下さいね

20090131_jt様


オープニングパーティが開催される本日(1/31)
お届けしたアレンジメント(↑)です。
お店の雰囲気に合わせて「モダンモロッコテイスト」
???です

スポンサーサイト
テーマ:写真日記
ジャンル:日記
昨日、ご紹介したブーケの
お色直しヴァージョンです。

渋ピンクのランが、歩くたびにフワフワ&ヒラヒラ
揺れるようにデザインしてあります。

20090131_002.jpg

暖房の効いた店内での制作。

半袖になる勇気は無いけど。。。
二つのトロピカルブーケを並べて、
常夏気分満点です。
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
海外挙式や南国をテーマにしたウェディングで人気の
プルメリアを使ったブーケです。

もちろんシルクフラワーです。

「プルメリア」や「ハイビスカス」は、開花のタイミングが
微妙で、開花後は1~3日でポロリと花が落ちるので、
切り花(生花)での制作は、かなりの冒険になります。

シルクフラワーだからこそ、制作可能な
「トロピカルブーケ」
おすすめです

20090131_001.jpg

テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
色彩心理の学校でお仕事をされているスタッフさんが、
よくkobushi no kiを利用して下さいます。

普段は、学校関係者様への個展のお祝い花や
自宅使いのお花を、ご購入下さいます。

今回のご注文は、イラストレーターをされている
ご友人へのギフト。

お届け先のイラストレーターさんとは、kobushi no kiも
以前、ご一緒にお仕事をさせて頂いたこともあり、
作風やお好みから、「アジアンテイスト」「和モダン」。
シンプルでクールな中にも優しさのある、お花のアレンジ制作を!
と思っていましたが、

以外にも、ご依頼は
「優しくふんわりとした春色で」

あれっ?

とは、思いましたが
ご自分では滅多に手を出さないであろうテイストの
色合わせにて、制作、お届けさせて頂きました。

20090124_001.jpg


そして、数日後、イラストレーターさんのHP(絵てがみコラム↓)には、

http://www.etsu-design.com/column/column.html
「2009.1.24...優しい花

お届けしたお花のイラストが掲載されていました。

添えられていたコラムを見て、私まで涙してしまいそうでした。

言葉はなくても、優しさや思いは、届くものです。



お花を贈る人の思いは様々ですが、
花々にその思いを込めて、皆さんのもとにお届けできるよう、
これからも精一杯お手伝いさせて頂きたいと思います。


テーマ:写真日記
ジャンル:日記
2008.12.23 セレス高田馬場 様

バラをメインに、くるくるミスカンサスを躍らせたキャスケードブーケ
ピンクバラとグリーンのをポイントに使用し、小花も使って大人可愛いブーケに。

というご要望の中、

新婦様のキュートな笑顔にピッタリの「いちごミルク」のような
小粒で甘ぁ~いピンクバラをポイント使用してみました。

「おまかせブーケ」ということで、当初は「当日、どんなブーケが届くのか」と
不安を感じられていたようですが、HPやblogのブーケ画像を見ることにより、
不安より、楽しみになってきたとのお言葉をいただきました。

作り手としては、嬉しい一言です。

これからも、そんな気持ちを裏切らないよう配慮の行き届いた仕入れ・制作を
心がけていきたいと思っています。


20081223_001.jpg

20081223_003.jpg

20081223_002.jpg
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
2008.11.15 ベルクラシック東京 様

とても近くの結婚式場です。

歩いても行ける距離です。
が!やはり、お届け時は、車です。

ご出産後の結婚式にご用意したブーケ(↓)です。

20081115_001.jpg

20081115_002.jpg


ご新婦様のたってのご希望で、赤系のブーケの中に
ご家族3人の誕生花を詰め込みました。

ご新郎様の誕生花ダリア
ご新婦様の誕生花→西洋リンゴ
お子様の誕生花スカビオサ

季節がバラバラな誕生花でも、シルクフラワーなら
同時使用を可能にしてくれます。

ダリアスカビオサは、すんなり決定しましたが、
新婦様の誕生花の中で、ブーケとの相性の良いお花が
なかなか見つからず、かなりの冊数の文献をあたりました。

そして行き着いたのが「西洋リンゴ
誕生花と言うだけあるので、本来「西洋リンゴの花」
なのかもしれませんが、ご愛敬ということで・・・。


テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
ドレスチェンジはせず、ヘアーやアクセサリーで
イメージチェンジを図ったお色直しをされる方も
多くいらっしゃいます。

今回、挙式用のブーケは、生花で制作させて頂き、
お色直し用のアームレット(↓)やヘアード、ブートニアは
シルクフラワーでの制作をお薦めさせて頂きました。

20090118_003.jpg

お友達の結婚式や2次会などでも、ドレスアップの
アクセントとして使用でき、2度3度おいしいアイテムです。

リボンは長めにカットしてあるので、2重に巻いて腕や手首に
付けてみたり、チョーカーとしてもお楽しみ頂けます。

テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
誓いの儀式を終え、チャペルから退場する
新郎新婦を祝福するために振り撒くフラワーシャワー。

20090118_002.jpg

正直言って
準備のため、花びらを、もぎり取る瞬間は、
チョッピリ悲しく忍びない気持ちになります。

けれど
フラワーシャワーには、花の香りでまわりを清め、
新郎新婦の幸せをねたむ悪魔から二人を守るという
願いが込められているそうです。

聖水のような役割も果たすフラワーシャワー
願いを込め神聖な心持で花びらを採取させて頂きます。

テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
配達の帰り道。

よく通る道ですが、毎回毎回、感動してしまいます。

20090117_005.jpg
テーマ:写真日記
ジャンル:日記
人気のブーケです。

バラトルコキキョウだけのシンプルキャスケードラインですが、
ミスカンサスの葉をカールさせたり、アーチ状に巻きつけたりと
遊び心をプラスして仕上げます。

年に幾度となく制作しますが、1本1本お花の表情が違うため
仕上がりも微妙に異なります。

20090118_001.jpg
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
先日も、ご紹介させて頂いたブーケです。

20090117_001.jpg

披露パーティーは、品川のレストランでした。

20090117_002.jpg

ブーケのイメージを基調にしつつ、アクセントにカスタードオレンジをプラス

20090117_003.jpg

風の冷たい一日でしたが、日差しは明るく
会場には、春が訪れていました。

20090117_004.jpg
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
お花屋さんは、すでに一色

パステル系のアレンジのオーダーも増えています。

20090120.jpg


テーマ:写真日記
ジャンル:日記
透明感のある優しい笑顔が印象的な
可愛らしい新婦へのブーケです。

20090117_001.jpg


打合せ時にご持参されたご希望のブーケ画像は、
淡いピンクバラとヘリクサムの葉のみの、
シンプルな花材のブーケでしたが、

打合せの中で、
今が旬の花材をご紹介していたら、
ガーベラ好きです。』
『白いドレスに持つのでオフホワイトをベースに。』
ラナンキュラスもかわいいですね。』
スイトピーもかわいい』
と、のお花達を、とても気に入って下さいました。

けれど、気がつけば、当初希望されていたブーケイメージとは
かけ離れたものになってしまいました。

悩んだ末、ガーベラは、縁取りに使用し、中央部分は
当初のイメージを基調にしつつ・・・といったデザインにすることに。

縁取りの白いガーベラが、天使の羽根のような効果を生み、
チャペルでの挙式にピッタリのデザインに仕上がりました。

初の試みの「縁取りガーベラ」マイブーム到来の予感です。










テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
2008年最後にお届けしたブーケは、

2008年の流行色でもあったパープル

大人っぽく、落ち着いた色合わせながらも
フリンジの効いた花びらがエレガントです。


20081223_01.jpg


2009年最初にお届けしたブーケは、

例年人気アプリコットカラー。

画像では、伝わらない・・・微妙なニュアンスカラーが人気です。

20090111_01.jpg

今年も、たくさんの色合わせを楽しみながら、
素敵なブーケをお届けしていきたいと思ってます

すでに5月のご予約も入り始めています。
ご依頼をご検討の方は、早目のご予約をおすすめ致します

テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
あけまして おめでとうござます。
昨年中は、大変お世話になりました。
本年も、ご愛顧の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。

habo.jpg
テーマ:お知らせです。
ジャンル:日記