<ブーケ&ブートニアの由来>
その昔、ヨーロッパで男性がプロポーズするために、
野で花を摘み、その花束(ブーケ)をプレゼントした事が
ブーケの始まりだといわれています。

そして「あなたの愛を受けます」ということばの代わりに、
女性が花束の中から一輪の花(ブートニア)を抜き取り、
男性の胸元に挿してあげる。これがブートニアの由来です。

20120429_001.jpg

野で摘んだ花を束ねている男性は
当店の男性スタッフ・・・

ではありません。

ご新婦様へ送るサプライズブーケをレッスン制作している
ご新郎様です。

レッスン前日に、喧嘩をされてしまったそうですが、
真剣な表情で、心を込め、ご新婦様のために
ブーケを制作されています。

几帳面な性格をされているようで、材料・道具・ゴミ・・・を
作業台にキチント分け、手際良く制作されていました。
20120429_002.jpg

完成度の高い作品で、悔しいくらいに手直しする箇所も少なく、
スタッフとしてスカウトしてしまいたいくらいでした。
20120429_003.jpg

「知り合いのお花屋さんにブーケをお願いするから」と説明し、
ご新婦様から預ったご希望のイメージの画像を見ながら制作した

ブーケは・・・
「実は僕が作りました!!」といった披露宴での演出。

成功されたとの、ご報告も頂きましたが、
そっと、会場を覗いてみたかった・・・

これから、何年先までも幸せのサプライズを
続けて下さいね。
スポンサーサイト
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
歩いても行けるご近所のレギュラー会場「ベルクラシック東京」様

こちらの会場は、前撮り撮影をする方が殆どなので、
ウェディングドレス用orカラードレス用ブーケの
いずれか1つを生花で、
もう1つをシルクフラワーで制作され、

シルクフラワーブーケを前撮り&挙式当日に兼用で
使用できるよう、ご依頼頂くことが多いのですが、

今回は、挙式用&お色直し用共に、シルクフラワーにて
制作させて頂きました。

ホワイトドレス用のブーケは、透明感のある可憐なご新婦様に
似合うよう、コロンとしたバラやラナンキュラスを使用し、
ホワイト~オフホワイトのナチュラルなグラデーションの
キャスケードブーケを制作したしました。

20120422_006.jpg

お色直し用ブーケは、ハート型
花柄のガーリーなドレスにビビッドなピンクのブーケです。

そして、インパクト大!なボリューミー「花冠」
当初から、花冠を希望されていらしたご新婦様から、
お打合せ後にメールを頂き・・・
ご新郎様から「花冠はオリンピック選手が表彰された時みたい・・・」
と助言され、「確かに・・・」と花冠を諦める方向に

数日後、やはり諦めきれなかった花嫁様から
「オリンピック選手みたいにならないよう斜めに着けられる
ボリューミーな花冠を作ってほしい!」とのご連絡を頂き、

オリンピック選手にならないような、ゴージャスな花冠を
制作させて頂きました。

20120422_007.jpg

ここまでのお写真は、前撮りのもの。

下の2点は、挙式当日のお写真です。
撮影2度目にして、コツを得たのか、
モデルさんのようなポーズで、とっても素敵

20120422_008.jpg

これだけの、ボリューミーな花冠をかぶりこなせるのは
お目目パッチリの新婦様だからこそ!?

20120422_009.jpg

でもでも・・・
「私は花冠なんか似合わないから・・・」とおっしゃる新婦様も
多くいらっしゃいますが、結構、皆さん、様になるんですよ!
是非!試してみて下さい

20120422_003.jpg
20120422_004.jpg
20120422_005.jpg

2012.4.22「ベルクラシック東京」
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活