FC2ブログ
今日は、訃報に際してのお悔やみのお花の贈り方について
ご紹介させて頂きます。

20131112_002.jpg

亡くなってから葬儀(通夜・告別式)まで日にちがある場合、
ご遺体の枕元に飾る<枕花>

お通夜や告別式の祭壇などに飾る<葬儀のお花>

葬儀に参列ができなかった際や、葬儀以降に訃報が届いた際など、
<初七日から四十九日>に贈るお花

<命日><法要><法事>と贈るタイミングは様々ですが、

葬儀の準備で忙しくされていたり、お花が多く届くタイミングなので、
花瓶に飾る花束ではなく、花器に活けられたアレンジメントがお勧めです。

四十九日を過ぎるまでは、白&グリーンのみを基本(紫・ブルー可)とし、
日が経つにつれ、淡いピンクや紫、クリーム、水色など優しい色を加えることが
増えてきます。

トゲのあるバラは、故人にイバラの道を歩かせてしまうと言われることより、
タブーとされていますが、故人がお好きだった「赤いバラ」をという場合等は
贈られても、差支えないと思います。
ただし、それを受取る遺族の方が理解し、不快に思わない場合に限ります。

また、法人でのお付き合いの場合や、地方などへ贈られる際は、
しきたりや風習を重んじ、年月を経ても白&グリーンのみにされた方が
良いかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ:写真日記
ジャンル:日記
トラックバック
この記事へのトラックバック