FC2ブログ
20140705_001.jpg

ヨーロッパでは気候の良い6月。
日本は梅雨真っ只中です。

雨降りで、フラワーシャワー等の屋外イベントが中止・・・
湿気が多く、髪のまとまりが最悪・・・
蒸し暑さから、化粧崩れが・・・等、
マイナスポイントを挙げれば切りがない梅雨シーズン

かつてはWedding閑散期だった、この梅雨シーズンに
売り上げの落ち込みを避けるべく。
ヨーロッパの言い伝えを普及させたWedding業界の策略とは言え。

言い伝えは確かなもの。。。

「Singin' in the Rain (雨に唄えば)」を入場曲に使用し、
メリーポピンズのように、小さなアンブレラ型のブーケを持ち、
雨雫の似合うアジサイで装花をまとめる。。。

マイナスイメージの強い「雨」を逆手に取った、
オリジナル演出をするのも、思い出深いWeddingとなり
ゲストの皆さんにもお楽しみ頂けるかと思います♪

挙式後に、虹のかかった空をバックに笑顔の集合写真が
撮れたら素敵ですね♪

スポンサーサイト



テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
トラックバック
この記事へのトラックバック