FC2ブログ
20181014_01

圧巻の美しさ!

店じまいを終え、帰り支度も済んだところで、
最後のメールチェックしたところ
この画像がドォーン!
ご新婦様の美しさはもちろん、ドレスの広がり、背景・・・
圧倒的な完成度のお写真に魅せられ、
椅子に腰かけ見入ってしまいました。

そして・・・

20181014_03.jpg

次の画像は、これ。
映画のワンシーンのような「ローズガーデン」での一枚
「ベルばら」の世界というか・・・
「キャンディキャンディ」の世界というか・・・
ぅ~ん。もっと絵画的な表現をしたいところですが・・・
とにかく現実離れした世界観。

建物に「雪」「月」「花」をテーマとして掲げる会場ならではの
隠れた演出が見事に生かされていているお写真です。

ブーケは、花嫁が手にして初めて完成の形を見るものと
常々感じてはいますが、この2枚のお写真は、
想像を超える完成形で、ブーケの作り手としては、
この世界観を作り上げるための1つのアイテムを
お作り出来た事が、ただただ嬉しく充足感でいっぱいです。

20181014_02.jpg

また、ご使用後の挙式用生花ブーケは、
仲良しのお姉様へプレゼントされ、

20181014_04.jpg

お色直し用アーティフィシャルフラワー(造花)ブーケは、
ご自宅に飾って頂き、

記憶と形で、思い出を残して頂きました。

20181014_05.jpeg

ご両親への贈呈用花束も、アーティフィシャルフラワー(造花)の
アレンジメントを、店頭の花材からご自身でセレクト頂きながら
レッスンでお作り頂きました。

IMG_6920.jpeg

左が ご新婦様 作 、 右が ご新郎様 作

男性には敬遠されがちなアレンジ制作のレッスンですが、
これまで参加された、どのご新郎様も手際良く上手にお作り頂いています。

レッスン中は、お互いの作品に口出ししてみたり、
手伝ってみたりと微笑ましいお姿を垣間見せながら、
素敵な作品をお作り頂きました。

ご新居は、ブーケ。
ご両家には、アレンジメント。

記憶に残る思い出と、
形に残る思い出を大切に、
お幸せにお過ごし下さい・・・


<2018.10.14 ホテルニューオータニ 様>


スポンサーサイト
テーマ:ウェディング
ジャンル:結婚・家庭生活
トラックバック
この記事へのトラックバック